FC2ブログ
準備中
【更新履歴】
2009.8.5 『母亀の気持ちになってみろ』
教育実習×産卵×アナル×浣腸 
挿絵有(絵師:旋風野郎様)
【坊主の告知】

官能小説坊主エロポー

趣味として官能小説を書き始めてみた坊主。陵辱色・マニア色濃い作品を展開中。投稿小説募集キャンペーンも気が向いたら開催中!

準備中468×60

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『心と身体のリフレッシュ~水本昌子篇(2)~』 奥様×羞恥×エステ=女としての快感を…

『心と身体のリフレッシュ~水本昌子~』(2)

(1)から読む

…数日後…

壁面が灰色になった年季を感じさせる建物の前に昌子はいた。
久しぶりの日常以外の外出に、いつもより三十分は長く化粧をし、お気に入りのミニスカートにニット、押入れの奥からブーツを引っ張り出して少し若く見せようとした格好で。

(ここの二階ね。予約はしたけど…大丈夫かしら…)

コツン、コツンと、ヒールの音を響かせながらひんやりとしたコンクリートの階段を一段ずつあがっていく。

子供は主婦仲間に預けてきたので大丈夫だが、一体どんなところなのか、期待と不安が昌子の中で入り混じり、心臓の鼓動が早くなるのを感じる。

3階まで上がると、重厚な木目調の扉があり、エステサロン「Palingenesis」と書かれた白い看板がかけられており、そこが目的地であることがわかる。

昌子は、そっとノブに手をかけると静かにそれを開いていくがどうやら上部に来客を知らせる鈴がついているらしくカランカランと音を鳴らす。
その不意をつく音にドキッとさせられ、引き返す機会を失った昌子を身体を店内に収めてドアを閉じる。

「いらっしゃいませ。ご予約の水本昌子様ですね」
入口からすぐの受付に使われていると思しきカウンターから銀縁眼鏡に白いワイシャツ、スラックスを身につけた細身で長身の男が顔を出すと昌子に問いかける。

「はい。水本です。よろしくお願いします。」
「まあそう緊張なさらないでください。本日は二時間の体験コースでよろしかったですか」
にっこりと男が微笑むと、昌子は緊張しながら
「はい」
と短く答える。

「それでは、本日担当させていただきます幸島と申します。よろしくお願いいたします。早速ですが、施術をはじめますのでこれ一枚になってくださいね」
簡単な作りのバスローブのような衣類が渡され、更衣室に案内される昌子。

(あんなに若い店員さんが担当だなんて…恥ずかしいわ…)
更衣室に入るとそんなことを考えながらも、いわれたようにバスローブに着替え出てくる。

「お着替え終わりましたね。ではこちらへどうぞ」
突き当たりの部屋に導かれ、中に入ると白い柔らかそうな布張りで幅一メートルほどの施術台がありそこにうつぶせになるようにといわれる。

「こうでいいですか」
うつ伏せになりながら尋ねる昌子に
「はい。ではバスローブのほうを脱がさせていただきますね」
(えっ…裸にされるってこと…恥ずかしい…でもエステだから…)

幸島がスルスルと帯を解き、バスローブを脱がせると肌が露になる。うつぶせのため恥ずかしい部分は見られていないが、若い男の前で肌を晒していることから、恥ずかしさで肌が桜色に上気する。

「ではまず体の老廃物を落とすところからはじめましょう。」
幸島がスイッチを入れると、施術台の下からスチームが湧き上がり、暖かく湿り気を帯びた空気が昌子の肌を包み込む。

(あぁ…あったかくて、気持ちいいわ…)
スチームに含まれているアロマ成分を嗅ぎながら少し夢見心地になっていると背中に液体が垂らされる。

「スクラブ入りのクリームで肌を滑らかにしていきますよ」
そういうと幸島が少しザラザラした液体を塗り広げていき、柔らかい布でそれを刷り込むように撫でていく。

背中から老廃物が取れていくさまを感じながら、目を閉じていると暖かなシャワーが当てられ、スクラブと老廃物が流される。

水分を丁寧に取り、乳液を背中に垂らす幸島。

「ひゃぁ…ん」
乳液が冷たく、暖まってきた昌子は驚き声を上げてしまう。
「すみません、少々冷たかったですね。」
「あっ…大丈夫です…」
変な声を出してしまったと思い恥ずかしさでいっぱいになる昌子の背中を幸島がほっそりとしているが筋張った男の手で優しくさすり、塗りこんでいく。

(あっ…なに…男の人に触れられているだけで…なんか変な…感じ)

そんなことを考えながら横たわっていると、幸島が
「では前の方も同じ手入れをいたしますね、失礼します」
昌子の腰の辺りに手をあてるとそっとひっくり返す。

(そうよね…前もよね…プロとはいえ男の人に見られるの恥ずかしいわ…)

そんな昌子を気遣ってか幸島がアロマオイルを染み込ませた蒸しタオルを目隠しとして顔にかけてくれ、また先程と同じスクラブが塗布される。
続いて乳液が。
「大丈夫ですか?耳元が赤いようですが」
優しく撫で回すように乳液を塗りこんでいく幸島が心配そうに聞くと、
「大丈夫で…す…」
(夫以外の人に触られたのって何年ぶりかしら。ここ最近は夫にも触られてなかったし…ひゃぁ…)

乳液を乳房の外延に塗りこまれ、だんだんその手が描く円が狭まり乳首に迫ってくる。
(いやぁ…エステだって分かてるけど…そんなところを触っちゃ…)

昌子の心が届くはずも無く淡々と距離がつめられていき、乳液が乳首にも塗りこまれる。
手のひらの感触が敏感な部分を通じて昌子を刺激し、思わずまた声を漏らしてしまう。

「ぁあ…んっ…」
「水本様大丈夫ですか、だいぶかわいているようですね。」
突然、幸島が言った意味が昌子にはわからず、
「でも、平気です。じっくりと時間をかけて潤いを取り戻していきましょうね」

手は円を描き続けながら下に移っていき、脇腹やへそ周りなどにくまなく乳液を刷り込んでいく。
乳首に触れられたことで全身の皮膚細胞が刺激に敏感になった
ようで、視覚によらずとも幸島の手の動きがはっきりとわかる。
そして手が動くたびに、微かにビクンと反応してしまう昌子。

徐々に乳首が固く尖っていくのを頭で感じ、昌子は恥ずかしさで頬を上気させるが動くわけにもいかず、ただじっと仰向けで横たわる。
タオルで目隠しをされているが、目をぎゅっと瞑ったままで。

(さっきのはどういう意味かしら…乾いてる?渇いてる?って。潤いって…肌に潤いをってことかしら…それに…体がへん…この感覚…)

昌子は色々なことを考えるが、全くわからない。
…思考が安定しない。
ただ自分の中の何かが若い男の手で乳液を刷り込まれていくことによって徐々にほぐされつつある事を本能が感じとり、何か熱いものがお腹の辺りで渦巻いているような気分になる。

「水本様、肌のケアは終わりましたよ。やはり、相当に渇いているようですね。これから、次のマッサージに移りましょう。」
目隠しに使われていたタオルが外され、眩しい明りが瞼を照らし、そっと目を開ける昌子の視界になにかを準備している幸島の背部が映る。

しばらくして、幸島が施術台に戻ってきて昌子の肩を抱えて起こし、バスローブを羽織らせて囁く。

「準備が出来ましたのでこちらへどうぞ。」
手を取り施術台から昌子を立たせると部屋の隅にある高級感ある黒革張りの大きな椅子に昌子を導く。

「どうぞ、お掛けください。」
柔らかな声で幸島が言い、昌子は素直にそれに従う。
暖かなスチームの中で乳液を塗りこまれていたためバスローブから覗くその肌はしっとりとした輝きをみせている。

(つぎは…なにかしら…少し体があついわ…それに頭が…ボゥッとする…)

続きを読む(3)へ

(3はまだ未掲載です 2009.1.19)

応援クリックは↓


【告知】
挿絵を描いてくれる絵師さん!
小額の報酬と引換えに定期的に作品提供していただけませんか?

朗読してくれる♀声優さん
小額の報酬と引換えに定期的に読んで見ませんか?

という募集のお知らせでした。
⇒問合せ先 eropouアットマークyahoo.co.jp
(アットマークは半角@に変更の上応募ください。)

All right belong to管理人
※この文章その他、本ブログの一切を無断転載・転用することを禁じます。※
スポンサーサイト
[PR]


テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://eropoo.blog6.fc2.com/tb.php/17-84d46399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
プロフィール

小説坊主エロポー

Author:小説坊主エロポー




現在の閲覧者数:


小説坊主エロポー
自己紹介
趣味?として官能小説を書き始めてみた坊主。
文章でどこまで書けるか。全く専門的素養がないので…
未知ですが。読みやすい文章を心がけて。
まあ投げやりな文章も多いかと思いますが…
もしも…もしもですよ抜けた人は!拍手をその作品にしてください。
お願いいたします。

あっマニア向けの他のアダルトブログもやってますけど何か?
その性質上そっち方面の作品が多くなってしまうかもしれませんが…
まあたいていの作品は無理矢理、汁モノ、陵辱、羞恥虐め、浣腸になる予感がびんびんします。

こんなエロポーですが、皆様の色々な意見要望お待ちしています。
リンクも歓迎です。多分わかりやすいところにあると思われる相互リンクからどうぞ。
(相互リンクはアダルト総合・官能小説などジャンル問いません。)
メールフォーム・コメントでのリンクも受け付けております。

カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
作品一覧
Flashカレンダー

作品検索

RSSリンクの表示
リンク集

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

新着官能本

新着美少女本

新着Games

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。